七飯ゴンドラ紅葉が見ごろ・新聞記事掲載されました

北海道新聞・道南版

 「紅葉の先には海の青」 

 函館七飯ゴンドラ周辺で紅葉が見頃を迎えています。ゴンドラの乗客は周り一面で赤や黄色に染まった山肌と山頂付近から見える青い海(内浦湾)コントラストに魅了されていた。
 目の前に駒ケ岳を望みながら進む全長3319mのゴンドラの空中散歩。標高約1000mの山頂駅にある展望デッキ「紅葉の谷」の眼下には、日光に照らされ黄金色に輝く木々が生い茂る。遠くには赤く色づいたと横津岳や古部丸山があり太平洋も見渡せる。兵庫県から観光で訪れた70代の男性は、「紅葉を上から見下ろせる場所は珍しい。海も一緒に見られるのは贅沢」とため息をもらしていた。紅葉の見頃は今月いっぱいでゴンドラは11月3日まで運行します。

函館新聞

  「鮮やかな紅葉のグラデーション」 

 函館七飯ゴンドラで紅葉が見頃を迎え、地元客や観光客が多く訪れている。
 横津岳(1167m)山麓ではダケカンバなどが赤や黄色に染まり、標高970m山頂付近にある「紅葉の谷」展望台から美しいグラデーションを一望できる。道南ナンバーワンとも言われている紅葉をみて心を癒してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA